金柑のみつ煮

冬の風邪予防やのどに良いと言われている、金柑。
おせちにも良く目にします。今回は昔ながらの皮だけの蜜煮です。

材料(4人前)

  • 金柑の蜜煮大き目の金柑(20個)
  • 上白糖(350g)
  • グラニュー糖(350g)
  • 三温糖(100g)
  • 水(1リットル)

つくりかた

  1. 金柑を水洗いし、上下を指で押さえながら包丁で茶筅(ちゃせん)の様な切れ目を8~10位入れます。
  2. 切れ目を入れた金柑を鍋に入れ、たっぷり水を入れて火にかけて40分位茹でます。
  3. 茹でた金柑を水にさらしながら、1時間程冷まします。
  4. 水1リットルに砂糖3種類を入れて火にかけ、水の量が半分になるまで煮詰めます。
  5. 水でさらして冷めた金柑を、水の中で楊枝等を使いながら中身を全て取りだします。
  6. 中身を取りだした金柑を鍋に並べ、煮詰めた蜜を入れて弱火で30~40分程煮て冷ましたら出来上がりです。

その他の精進おせちレシピ