海老芋の吉野餡掛け NEW!

海老芋の吉野餡掛け寒い冬に各寺院様へ出張料理に伺い、精進料理をお出しすることが多くあります。
その様な時の一番人気の献立が「海老芋の吉野餡掛け」です。海老芋の淡い甘味と野菜の味が深みになり、吉野餡が温かさを引き立て柚子の華やかな香りが包み込みます。
家族皆さん食べて心も体もほっこりして頂きましょう。

材料(4人前)

  • 海老芋 400g~500g
  • 塩 少々
含め出汁
  • 昆布出汁 600cc
  • 薄口醤油 40cc
  • 砂糖 10g
  • 塩 3g
吉野餡
  • 昆布出汁 600cc
  • 薄口醤油 10cc
  • 味醂 5cc
  • 椎茸 4個
  • 人参 20g
  • 絹さや 5枚
  • 柚子 4分の1個
  • 水溶き葛 30cc
  • 塩 少々

つくりかた

  1. 海老芋は細長い方を切り落として皮をむき4等分に切り、たっぷりの水の中に塩を一つまみ入れ20分ほど下茹でをする。
  2. 竹串が中心にすっと通るようになったら、下茹での出来上がり。火から下ろして静かに水を差しいれて冷ましていきます。(目安:30分ほど)
  3. 十分に冷めた海老芋を、沸かした含め出汁に静かに入れて15分~20分ほど煮ます。(目安:弱い中火)
  4. 20分ほど煮えたらそのまま一度冷まします。
  5. 椎茸は汚れを落として薄切りにします。人参と絹さやは千切りにします。柚子は皮だけを千切りにします。
  6. 吉野餡の出汁と薄口醤油と味醂を入れて沸かし、刻んだ椎茸とにんじんと絹さやを入れて、水溶き葛でとろみを付けます。(葛が手に入らない時は水溶き片栗で代用)
  7. 程よくとろみがついたところで味を確認してください。お好みで塩を少々。
  8. 一度冷ましておいた海老芋を温めて器に盛り、吉野餡をかけ、柚子をのせて完成です。

海老芋の吉野餡掛けイラスト

⇒海老芋を使った過去のレシピを見る

謝辞

この精進レシピおよびコラムは、「泉竹」からご提供頂いております。
http://www.izuchiku.jp/