ゆり根のけんちん最中(もなか)

材料(4人前)

  • ゆり根のけんちん最中ゆり根(大きく欠いたもの8切れ)
  • 豆腐(半丁)
  • きくらげ(戻したもの 10g)
  • にんじん(刻んだもの 少々)
  • さやえんどう(刻んだもの 少々)
  • 平茸(100g)
  • だし汁(400cc)
  • 濃い口醤油(50cc)
  • みりん(50cc)
  • 砂糖(2g)
  • とき葛またはとき片栗(少々)

つくりかた

  1. ゆり根は大きく欠いたものを良く洗いペーパーなどで水分を取り除いておく。
  2. 豆腐半丁を押して水分を取る(重しをして20~30分)。
  3. 押した豆腐に、戻したきくらげを刻み混ぜ合わせ、人参・さやえんどうも一緒に混ぜ合わせ、けんちんのもとを作る。
  4. けんちんのもとを4等分にして、丸くととのえる。
  5. ととのえたけんちんのもとを、水分を取り除いた2切れのゆり根で上下にはさむ。
  6. はさんだ物をラップで包み、蒸し器で15分蒸す。
  7. だし汁に濃い口醤油、みりん、砂糖をいれて煮立たせ、煮えたところに葛か片栗でとろみをつける。とろみが良いところで、掃除をして洗った平茸をいれる。
  8. 蒸したゆり根けんちん最中(もなか)のラップをはずして、器に盛り、平茸入りとろみ出しをかける。

ワンポイント

  • お好みで紅葉おろし、おろし生姜、柚子こしょうなど添えてお召し上がり下さい。

ゆり根のけんちん最中