春の山菜のお浸し

材料(4人前)

春の山菜のお浸し

  • こごみ(4個)
  • たらの芽(4個)
  • 菜の花(1束)
  • わらび(4本)
  • 空豆(16個)
  • うるい(2束)
  • 油揚げ(1枚)
  • 塩(少々)
  • 灰(少々)
  • 昆布出汁(200cc)
  • 薄口しょうゆ(30cc)

つくりかた

  1. こごみ・たらの芽・菜の花・うるい・空豆は水洗いして汚れを落とし、別々に塩茹でし、冷水で速く冷ましておきます。
  2. 良く水洗いして下の固い所2センチ程切り捨てたわらびに、灰と塩を同量混ぜたものを、指先で丁寧に擦りつけます。
  3. 残った灰と水を鍋に入れ沸騰したら、火を中火にしてわらびを茹でます。
  4. 指先で軽くつまんでつぶれる様になったら流水にとり、良く洗い、そのまま水に1~2時間程さらしておきます。
  5. 油揚げは細切りにしてざるに入れ、沸騰したお湯をかけ、油抜きをしておきます。
  6. 鍋に昆布出汁・薄口しょうゆ・油揚げを入れて火にかけ、沸き上がったら冷ましておきます。
  7. こごみ・たらの芽・菜の花の水分を手で絞ります。
  8. うるいは水分をとり1センチ位に切りそろえ、空豆は皮をむき中身をとり出します。
  9. 下ごしらえをした山菜を、6の出汁に1時間程漬けて出来上がりです。

春の山菜のお浸し

⇒こごみ(山菜)を使った過去のレシピを見る