叩きゴボウ

材料(4人前)

  • 叩きゴボウゴボウ(細いもの 1本)
  • 白胡麻(40グラム)
  • 砂糖(大さじ1杯)
  • 酒(大さじ1杯)
  • 酢(大さじ1杯)
  • しょうゆ(小さじ1杯)
  • みりん(少々)

つくりかた

  1. ゴボウはよくたわし等で水洗いして汚れを落とす。
  2. 洗ったゴボウを長さ3センチ程に切り四つ割りに切りそろえて、水につける。
  3. なべに、ぬかや米のとぎ汁をいれてゴボウを下ゆでする。
  4. 固めに茹でて流水にさらし、ぬかや米のとぎ汁を洗い流す。
  5. なべに水を入れ沸騰させる。沸騰させたなべに4のゴボウを入れ、再度沸騰させ、ざるにあけて自然に冷ます。
  6. 白胡麻をいり、すり鉢で7分程すり、砂糖・酒・しょうゆ・酢を入れる。
  7. 冷ましておいたゴボウを和えてみりんで味を調え器に盛ります。(和えて1時間程で味が染みます。)

ワンポイント

  • 食べやすく、味をしみ込みやすくする為に包丁の峰で叩いたことから「叩きゴボウ」という名前の料理なのですが、最近のゴボウは皮も繊維もやわらかいので、切りそろえるだけにしました。

叩きゴボウ