小松菜と舞茸と菊の花のおひたし

材料(4人前)

小松菜と舞茸と菊の花のおひたし

  • 小松菜 (100g)
  • 舞茸 (100g)
  • 菊の花 (50g)
  • 昆布出汁 (200cc)
  • 薄口しょうゆ (25cc)
  • みりん (25cc)
  • 塩 (少々)

つくりかた

  1. 小松菜は水洗いし、沸騰したお湯に塩を入れ、歯ごたえが残るぐらい茹でたら、水で冷ましてから水気を良く絞り、2センチくらいの長さに切り揃えておきます。
  2. 菊の花の花びらをがくから外し、沸騰したお湯に塩を入れ5分茹たら、水で冷ましてから水気を絞っておきます。
  3. 舞茸は汚れを落とし、塩を軽く振り網焼きにしたら熱いうちに一口大に切っておきます。
  4. 鍋に昆布出汁・薄口しょうゆ・みりんを入れ火にかけ、沸き上がったら火を止めて冷ましておきます。
  5. 4の出汁に1の小松菜・2の菊の花・3の舞茸をつけ、1時間ほど冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

アドバイス

  • 菊の花は紫色の「もって菊」を使用しましたが、黄色の食用菊の花でも大丈夫です。
  • 舞茸だけではなく、松茸・本しめじ・香茸など、色々なきのこで作れます。

小松菜と舞茸と菊の花のおひたし

⇒舞茸を使った過去のレシピを見る