熊本地震


過去に例のない二度の震度7、二週間で1000回を超える余震、
広範囲に連動する震源。熊本地震はあらためて、私たちが
地震大国に暮らしているのだという事実を突きつけてきました。

被災された方々が1日も早く元の生活に戻れるよう、心より祈念いたします。

この地震ではまた、熊本城をはじめとする重要な歴史的建造物の
被害の甚大さも大きく報道されています。

社伝では2000年ともいう歴史を誇る阿蘇神社では、
日本三大楼門にも数えられた壮麗な楼門が倒壊してしまいました。

最初の揺れには耐えたものの、二度目に襲った震度7の本震に
耐え切れずに潰れるように倒れてしまったということです。

不幸中の幸いといってよいのか、倒壊した楼門を検査した
ところ再使用できる部材がかなり残っており、再建は可能だとのこと。

現在、各宗教、各宗派が現地の被災状況をまとめたプレスを
発表していますが、熊本県内、近県で被災した神社、寺院、
教会等の合計は数百単位、またはそれ以上の数になるかもしれません。

非常時に、避難の中核、地域の方々の拠点、また心の依りどころ
として機能するのも、広い敷地と長い歴史を持った寺社の役割で
あると思いますが、地震では寺社もまた被災してしまうのです。

金剛院では、帰宅困難者の備蓄庫や消防の待機所などとして
豊島区や東京消防庁と協定を結び有事にも備えています。
しかし、最後は人と人が寄り添えるコミュニティが必要です。

いま自分たちには何ができるのか。

そしてもし、自分自身が地震の被害を受ける立場になったとき、
何が可能で、何が困難なのか。

冷静にシミュレーションしてみることが重要だと、再確認しています。

 

最後にあらためて、被災地の迅速な復旧と、1日も早い復興を心よりお祈りいたします。

 

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください