大仏さまは等身大?


突然ですがクイズです。

お釈迦さまの身長は何センチくらいだったでしょうか?

正解は・・・。

なんと、約5メートルあったと言われています!

昔から、お釈迦さまの身長は一丈六尺と言い伝え
られます。
1尺が約30センチ、1丈は10尺なので、単純計算で
およそ4.8メートル。

ものすごい大男…むしろ巨人ですね。

もちろん実際のお釈迦さまが、巨人だったわけではなく、
偉人ならばそのお姿も巨大であったに違いない…。
という信仰がうんだ伝説だとされますが、それにしても
思い切ったなという印象。

中国では儒教の祖・孔子も身長9尺6寸≒2メートル20
くらいの大男だったと言い伝えられているので、
「偉人は巨人」という意識がそれだけ根強かったのかも
しれません。

この一丈六尺という数字、単なる伝説に止まらず
仏像の制作にも大きな影響を与えました。

「丈六仏」といって、仏像の大きさはお釈迦さまの
身長とされた一丈六尺を基準に、等倍、二倍、
または二分の一といった大きさに作られるように
なったのです。

坐像であれば、半分の八尺(約2.4メートル)。
それでも十分巨大です。

丈六仏はさかんに作られて、今でも日本各地の
寺院に残されています。

単に大きな仏像という意味で「丈六」ということも
あったようですが、大仏さまを拝見して巨大な
お釈迦さまのお姿を想像するのも楽しいかもしれませんよ。

ぜひ、お近くの「丈六仏」を探してみてください。

 

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください