タイの仏教映画事情


先日、ドラマや映画でお坊さんブームが到来?という
お話しをしましたが、仏教大国のタイでは僧侶が登場
する映画に関連して大騒動が起きていたようです。

騒動の中心になったのは「アーバット」という映画。

主人公は、あまりの不良ぶりから親に無理やり寺に
入れられてしまった青年で、結局僧侶になっても
悪行やむことなく、それどころか僧侶の身でありながら
少女と恋に落ちてしまい…というストーリーだそうです。

でもジャンルとしてはホラー映画になるそうで、公開され
ている予告編にも不気味な怪物のようなものが映って
いました。

日本人の感覚からするとかなり不思議な映画…。

ともかく、敬虔な仏教徒の多いタイでは僧侶の不行跡を
描いたことが「仏教への冒涜だ」と批判を呼び、当局は
いったん公開を不許可とし、問題だと指摘されたシーンを
修正させることにしました。

すると今度は逆にこの措置が「表現の自由への挑戦だ」と
批判を巻き起こすことに。

どちらも人間の良心や信仰、思想信条の問題に深く関わる
ことなので、簡単にどちらが良い悪いとは言えない難しい
問題だと思います。

昔から「破戒僧」という言葉があるくらいですし、それこそ
お釈迦様の時代からダイバダッタのような存在はいたの
ですから、フィクションの映画に描いただけで規制という
のは行き過ぎでは…とも思いますが、それぞれのお国事情
もあるので一概には言えませんね。

結局映画は、修正を加えて公開されましたが、一連の騒動の
ために話題になって観客動員は上々だとか。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください