お寺に防犯カメラ


例の「油かけ事件」以来、京都や奈良のお寺では、
本堂内に「防犯カメラ設置中」という警告看板を
置くところが増えたように思います。

荘厳な空気に感動しながらお堂に入った瞬間に
この看板が目に入ると、一気に現実に引き戻された
ようで、がっかりしてしまう気もしますが、いかんせん
このご時世ですからね…。

先日も九州の有名な神社で、境内で大暴れした男が
防犯カメラの映像から足がついて御用、というニュースが
ありました。

日本だけでなく、イスラエルの聖地でも監視カメラの
設置が決定されるなど、宗教施設のセキュリティでの
防犯カメラ利用は世界的な流れになっているようです。

善光寺のドローン落下の事件など、新たな懸念材料も
増えてきました。

どこの国も、もう性善説ではやっていけない、というのも
悲しいお話ですが・・・。

仏教では「因果応報」と言いますが、善い行いも悪い行いも、
自分で作った原因(因)は必ず結果(果)となって自分自身に
返ってきます。

苦労が報いられてよい人生が待っているか、最悪の結果を
招くのかは、ひとえに自分自身の行動にかかっているのです。

「カメラに映っているから」ではなく、「仏さま、神さまがみて
おられるから」、なにより「自分自身が知っているのだから」と
誰もが思える世の中になっていけばいいですね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください