お墓にもグッドデザイン賞


グッドデザイン賞といえば、家電や家具が受賞する
ものかと思っていたましたが、2015年に、なんと
お墓がグッドデザイン賞を受賞したそうですよ。

キューブ型のクンナム石を組み合わせて作った
もので、名前は「水庭」。すいてい、と読むそうです。

現代風のシンプルなデザインにみえますが、
伝統的な墓石をモチーフにつくったもので、
パーツを組み合わせているのでお墓の引越し
にも対応できるのだとか。

確かに写真をみていると、伝統とモダンの融合、
という感じが伝わってきます。

考案した石材店は古都鎌倉にある会社で、
鎌倉の古刹の歴史あるお墓を参考にした
そうですよ。

まさに温故知新。いろんなアイディアを
生み出している人がいるんですね。

ちょっと調べてみると、2004年にも
グッドデザイン賞をとっているお墓がありました。
もう10年も前からお墓が受賞していたとは。

しかも、2014年には霊園まで受賞していました!

日本最大の霊園としても有名な富士霊園で、
公園のように整備されたランドスケープが
評価されたんだそうです。

富士霊園の桜並木は観光名所になってい
ますもんね。なにせ「日本さくら名所100選」の
ひとつですから。

以前のブログで、仏壇がグッドデザイン賞を
とった話題を紹介したことがありましたが、
まさかお墓に、霊園までとは…。

お寺に関係のあるジャンルで受賞しているもの、
もっとありそうな予感。また何か発見したらご紹介します。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください