今年の紅葉は…?


酷暑から一気に秋の気配・・・今年の冬は早そうですね。
そんなわけで、少し早いですが、今年も紅葉の季節がきますね。

毎年、10月初頭頃からぼちぼち紅葉が始まって12月まで
見頃が続きますが、今年は長雨の影響で紅葉の時期が遅くなり、
色づきもイマイチじゃないかと予想されているんだとか・・・。

というのも、植物は夏にたっぷり日を浴びることで、紅葉のもとに
なる赤や黄色の色素をつくり蓄えておくので、連日の雨で今年は
色素が足りていないんじゃないかとのこと。

境内のモミジは、建築中に相当根っこを痛めつけられて枯れて
しまいました。他のモミジも心配です。

ちなみに「モミジ」という名前は、染め物に使う染料を「もみだす」
ように色づいていく様子からつけられたんだとか・・・。

昔の人の命名って、オシャレでセンスがありますねぇ。

モミジによく似た「カエデ」の方は、葉っぱの形が「カエルの手」に
似ているからカエデ。

モミジに比べて葉の切れ込みが浅く、確かに可愛らしいカエルの
手に見えてきます。

似ている、と書きましたが、実はモミジとカエデは植物の種類と
しては同じもので、区別しているのは世界でも日本人だけ。

四季がはっきりしていて紅葉を存分に楽しめる、日本ならではの
感性なのかもしれませんね。

それにしても、お寺と紅葉ってよく似合うと思いませんか?

見頃になったら、金剛院にもぜひ足を運んでみてくださいね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください