同性愛の起源は?


今日の朝ニュースで、男子のペアルックが流行だとか・・・。

3月に渋谷区議会が同性カップルを結婚に相当する関係と認め、
「パートナー」とする証明書を発行する法案が可決されました。

世界を始め同性婚に対する議論が、今後活性化することでしょう。

このことに合わせて、同性愛についての歴史について最近、
おもしろい本が注目されています。

その名も『日本男色物語 奈良時代の貴族から明治の文豪まで』
日本における、「男色」の歴史について述べた、まさに異色の本です。

それによると男色は弘法大師が、唐から持ち帰った文化だと長らく
信じられてきたそうです!

江戸時代の儒者・貝原好古の『大和事古』には、次のように記述
されているそうです。

「我朝にて男色を愛する事、空海法師渡唐以来のもの也と云伝ふ」
つまり・・・
「日本で男性同士の恋愛は、弘法大師が唐へと渡ってから伝わったもの」
と言われているというのです。

弘法大師は、唐から仏教以外にも、うどんなどの多くの文物をもたらしましたが
まさか男色文化までもたらしたものとは・・・。

しかし、ここで著者はこの説を否定します。

男色は、文化的に形成されるというより、自然発生的なものであり、実際に、
弘法大師が渡唐以前から、仏教において男色を戒める戒律があったことが
わかっています。

男色の記述は『日本書紀』にも記されており、また戦国時代には武田信玄や
織田信長などの武将たちが、小姓を寵愛したことは有名です。

現在にも小姓宛に出したラブレターが残っていたりします。

同性愛については、日本は比較的寛容な精神が日本には
もともとあったのかもしれません。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください