世界最古のベストセラー?


世界で日本文化が注目されるムーブメント
「クールジャパン」がますます広がりを見せています。

このような世界に誇る日本の文化・技術の中で
意外と日本人自身に知られていないものが結構あります。

その一つが印刷技術です。
実は日本の印刷技術は世界トップクラスであることを
ご存知でしょうか?

万葉集や古今和歌集などの詩、源氏物語などの小説や
枕草子などのエッセイ、鳥獣人物戯画などの漫画など
のように古くから日本には文学レベルが高かったことが
知られています。

読書好きな国民性から、印刷技術が海外からもたらされると
急速な発展を遂げたのです。

中でも西暦770年に印刷された「陀羅尼」は、現存する
世界最古の印刷物として知られています。

「無垢浄光大陀羅尼経」というお経の一部です。

この印刷された経典は、当時の天皇である称徳天皇が、
764年に起きた藤原仲麻呂の乱を平定した後に、乱後の
安寧を祈って印刷されました。

この印刷物は、縦5センチ、横15〜50センチほどの
百万塔という小塔に入れられ、十大寺と呼ばれた法隆寺、
興福寺、東大寺などの10のお寺に納められました。

百万塔と呼ばれるように、その際に作られた小塔の数は100万!

当然中に収められた陀羅尼も100万部ということになります。

現在でも100万部と言えば、数年に一度でるかどうかの
大ベストセラーです。

当時は自動化した印刷機などはありませんから、大変な
労力と技術が必要だったことでしょうね。

約1300年前から日本の出版への高い意識がわかるエピソードですね。

 

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください