日本人の宗教観


出雲大社では、5年をかけた本殿大修理を終え祭神を
戻す「本殿遷座祭」が挙行されましたね。

出雲大社の主祭神「大国主命」は、国造り、農業、
商売繁昌、縁結びなどの神として信仰を集めていますが、
仏教とも深い関わりのある神です。

仏教では、「大黒天」という天部に属する神がいます。
もとはヒンドゥー教の戦闘神でしたが、後に仏教の守護神と
なりました。

現在、よく知られているのは、七福神のメンバーとしての
大黒天(大黒様)です。

大きな袋を背負い、右手に打ち出の小槌を持って、温和な
表情で米俵に乗っています。

この大黒天は、「だいこく」という読みが同じのため、
大国主命と仏教の守護神が同一視されて生まれたといわれて
います。

いわゆる神仏習合です。

「神さまと仏さま」違う宗教が見事に共存しているところに
日本人の「おおらかな」、世界に誇って良い宗教観があるのだと
思います。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください