鴨台さざえ堂


和尚が卒業した仏教大学に新しい名所が誕生しました。
大正大学キャンパス内に建設された高さ約19メートルの
通称「鴨台さざえ堂」です。

さざえ堂と呼ぶのは、二重らせん階段が設けられていて、
外から見ると貝の「さざえ」をイメージさせる造りになって
いるからです。

なぜ「貝」なのかというと、お参りするとご利益のある
施設として、江戸時代後期に流行った建築様式であり、
歌川広重の「名所江戸百景」にも描かれています。

落慶を知らせるポスターには、大きな文字で「新力所誕生」と
ありました。

「新力所」て何のことかと思いましたが、その横に小さな文字で
「ニューパワースポット」とありました。

直訳でしょうか・・・?

地域社会との交流を深めるために建設されたもので、一般の
人も参拝できます。

仏教を代表する、また豊島区を象徴する学校としてソフト面も
充実していくと良いですね~~!

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください