巡礼服も若者感覚?



巡礼をするときの衣装といえば、白い笈摺(おいずる)姿が
定番中の定番です。

四国や観音霊場では見かけますが、和尚の札所であるご府内とかでは
滅多に見る事はありません。

今年の夏頃に若い人たちの感性を生かした、斬新な巡礼服ができたという
報道がありました。

このちょっと珍しい取り組みをしているのは、秩父三十四観音霊場を
抱える埼玉県です。

その魅力を若い人たちにも知ってもらおうと、県内高校の服飾関係学科に
通う生徒さんからデザインを募集し、164点の応募作のうち優秀だった
4点の試作品がお披露目されました。

詩作された4点は、地元の花をあしらったり、華やかな色遣いを強調したりと、
若者らしい感覚がいっぱいです。名産の「秩父銘仙」を使ったものもあります。

いずれも、白無地の笈摺とは印象がずいぶん違いますね・・・。

地元では巡礼者らへのアンケートや試験レンタルなどを通じ、製品化を
探っていくそうですが、その後どうなったのか・・・。

最近では各地の霊場で若者の巡礼が増えているので、この巡礼服が
登場すると、各地で華やかな衣装をまといながらお寺を回る人たちの姿が
見られるようになるかも・・・。

伝統的な白無地の笈摺との共存、若い人たちに「巡礼の心」を伝える役割も
また重要なのかもしれませんね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください