ライトアップに悩み多き・・・



町中でも紅葉が綺麗な時期になりました。

京都へ行かれる方もいるかもしれませんが、東山に
ある青蓮院門跡の別院である大日堂は、紅葉もさること
ながら京都市内が一望できてお奨めです。

桓武天皇が、この場所で京都盆地を見下ろしながら
都としてふさわしい・・・と決断した場所でもあります。

御本尊は平安時代に造られた石造の大日如来という珍しい
もので、境内には巨大な展望台があって、ここからの景色を
見ていると都の栄枯盛衰が目に浮かんできます。

来年の檀家さんとの旅行で大文字焼きツアーをお願いしてきました。

京都の寺院では、いま紅葉に合わせてライトアップ中で昼間とは違う
幻想的な雰囲気に変わります。

それを目当てに観光客も多く訪れるので、夜間拝観に背を向ける
寺院も多いとか・・・。

なぜなら人混みの喧噪が、修行や宗教的な空間、あるいは文化財の
保持、また周辺住民の配慮からです。

仏教を身近にするのか・・・?それとも中止か・・・?

賑わいの裏側で迷いも多いとか・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

One Response to ライトアップに悩み多き・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください