いのちを「数字」で眺めてみると・・・



「人間って、一生のうちに何回まばたきをするのだろう」・・・

「生涯のうちで、笑っている時間っていったいどのくらいなのだろう」・・・

ふと、そんなことを思うことってありませんか?

一人の女の子の誕生と成長を追いながら、そんな人生にまつわる
「数字」を通じて、いのちや生きることの大切さを問いかける、
いのちのかぞえかた』という大人向けの絵本・・・。

映画『おくりびと』の脚本を手がけた小山薫堂さんの短い文章と、
世界的に活躍するフランス人絵本作家のセルジュ・ブロックさんが
描くユーモアあふれる絵のコラボは、優しさがいっぱいです。

キスする時間は3週間だとか・・・。

短いのか長いのか、その根拠はわかりませんが、登場する数字に
「へえ、そうなんだ」と頷いたり、「生きている間に、こんなに長い
時間泣いているの」と驚いたり・・・。

読み終わると、自分が広い宇宙の中で「生かされている」こと、
そして、もっといのちを大切にしなければいけないことに、
改めて気づかされます。

淋しい秋の夜長に、ちょっと読んでみたらいかがですか?

1粒の涙も美しく感じられるかも~~?

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください