33は不思議な数字?



チリで発生した鉱山の落盤事故・・・。
33人全員が無事救助されましたね。

救出成功は、強い精神力と技術力が大きな要因といえますが、
敬虔なカトリック国のチリでは、神様のおかげという声も
上がったとか・・・。

その証拠が33という数字です。
救助されたのは33人、救助作業の日数も33日、
作業員が生存している手紙も33文字だったとか・・・。

しかもキリストが、十字架にかかられたのが33歳という
ことになれば「33」にまつわる話は、盛り上がりますね~~。

ちなみに和尚は、金剛院33代目の住職です!!

これて、あまり関係ない??

仏教にも、33にまわることはあります。

まず先祖供養の33回忌・・・。
この時期に先祖の仲間入りをするとか・・・。

33という数字は『観音経』の中に説かれています。
修行中の菩薩が、お釈迦さまに訪ねます・・・。

「観音さまは、一体どうやって私たちの世界で説法し、
人々を悟りへ導いてくれるのですか?」

するとお釈迦さまは答えます。

ある時は仏様、ある時は神様、ある時は人間、ある時は生き物・・・
時と場所を選んで、その人に会った形にヘンシ~ンして救って
くれるそうで、その変身数が33という数字です。

だから「西国三十三所」などの観音霊場巡り・・・。

京都・三十三間堂というお寺は、お堂の長さも33間!

和尚も33代目~~これやっぱり関係あるかしら??

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

3 Responses to 33は不思議な数字?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください