大仏さまの魅力を身近に



東京国立博物館の平成館で、12月12日まで特別展
「東大寺大仏―天平の至宝―」が開かれています。

今回の特別展は、東大寺の創建に深く関わった光明皇后が
亡くなられてから、今年で1250年になることを記念して
行われるものです。

そういえば9月にお参りしたときは、大仏堂前の八角灯籠が
なかったのは東京に出張中だったんですね!

さすがに実物の大仏さまを上野に持ってくるわけには
いきませんが、法華堂の本尊である不空羂索観音の光背部が、
お寺の外で初めて公開されるなど、東大寺の魅力や歴史を
たっぷりと楽しむことができます。

会場内では、大仏さまのバーチャルリアリティ(VR)映像が
上映されています。

創建当時の大仏殿をはじめ、大仏さまの表情や細かな造りなどを、
あらゆる角度から鮮明な映像で再現しています。

実物では光背に覆われている背中の部分を拝むことができるのも、
VRならではの魅力・・・。

背中に開けられた穴は、写経や写仏を納めるのに使われているそうです。

源平争乱期と戦国時代の2度にわたる戦火をくぐり抜け、
そのたびに復興を遂げた東大寺。

再建の中心を担った2人の高僧、重源と公慶についての
展示が充実しているのも、見どころの一つです。

大仏さまの右手のレプリカも展示されていて、なかなかの迫力です。

それにしても、スゴイ感情線ですね・・・・!

感情線の末端が上に行けば行くほど感情的な傾向が強くなり、
下向きになると陰湿な傾向だとか・・・・。

この大仏様のように、しっかりと水平だと「冷静沈着」な
傾向が強いそうで、やっぱり仏様はクールなのかもしれませんね!

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください