本山へ・・・



先日の金剛院什物「十一面観世音菩薩」のお届けから
ちょうど1ヶ月・・・。
(この様子は、こちらのデジブックからどうぞ)

先日は旧暦の観音様の縁日だったので、お預けしてある
観音をお参りしてきました。

山門を入って、先ず目に止まるのが登り廊という階段です。
399段登らないと観音様にお参りできません。

しかも最初の第一登廊は、優しい緩やかな階段ですが、
3番目の階段は、傾斜や段高も高く「ドッコイショ」と
いう感じです。

すべての煩悩を洗い出さないと観音様には、お目にかかれ
ないのでしょう。

そんな理由もこれからの高齢化だったり、酷暑となれば
エスカレーター設置は必要不可欠かもしれませんね。

同じ真言宗の宝塚・中山寺は、長い階段を苦労して登っていた
のですが、震災後に近代的なエスカレーターを設置・・・。

違和感あると言う方も、便利だと言う方も・・・。

考えてみれば建立当時のお寺は、その時代の最先端技術により
作られたものだったのですから、あってもおかしくはないですね・・・。

でも情緒も無くなってしまいます。和尚が若いころに行者として
修行をしていたとき、この美しい登廊で美しい女優の岩下志摩さんが
CMの撮影にきていました。

この「美しい登廊」の行方は、どうなってしまうのでしょうか・・・?

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

One Response to 本山へ・・・

  1. 蘭子 のコメント:

    ご無沙汰してます
    美しい登廊、周りの景色を眺めながら昇るので、
    まだあんまり苦になりませんでした。
    デジブック拝見して、また長谷寺に伺いたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください