伝統の美を後世に



鎌倉の円覚寺にある国宝・舎利殿の屋根のふき替えが
終わりましたね。

この舎利殿は、源実朝が中国から伝えたとされる、
お釈迦さまの「歯」を納めてあるもので、室町時代中期の
建築です。

新しくなった屋根は、太陽の光を受けて黄金色に輝いています。

その輝きから金属性の材料を使っているようにも思えますが、
実はサワラの木が用いられているのです。

数ミリほどに薄く削った板を、少しずつ重ねながら屋根を
造っていく「柿葺(こけらぶき)」という技術で、金閣寺の
屋根にも使われています。

今はふき替えたばかりなので美しく輝いていますが、
時間が経つにつれて落ち着いた色合いになり、歴史を
重ねてきた建物にマッチしていきます。

天然素材ならではの魅力ですね

こうした伝統様式を後の世に伝えて守っていくためには、
技術の継承も大切なのですが、いかに質の良い材料の
確保をするのか・・・。それにかかる費用をどうするのか?

長い年月にわたって使われる寺社建築では、こうした点が
特に重要です。

寺社の側でも、その重要性は認識されていて、高野山や清水寺
などでは古くから育林など力を入れています。

「伝統を守り伝えていく」というと、技の伝承ばかりが注目
されがちですが、その技を支える良質の材料をどのように守って
いくのかという、長い時間の「先を見る力」がないといけないのかも
しれません。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください