「托鉢」するアーティスト



真っ白な彫刻?

いえいえ、実は頭のてっぺんから足のつま先まで、
白づくめの衣装をまとった役者さん・・・。

パントマイムの青空公演みたいです。

七三分けのような髪型に太いふちのメガネ、ビシッと
決めたスーツ姿。・・・。

いかにも日本の実直なサラリーマンを、ユーモアたっぷりの
パントマイムで演じています。

子どもが近くに寄ってくると愛想を振りまいたり・・・。
若い女性が、カメラを向けるとガッツポーズをしてみたり・・・。

そう思えば、瞬きもせずにフリーズ・・・。

こういうの好きだなぁ~~~~。

「彫刻」の前には、投げ銭を入れる器が置かれていて、観客が
お金を入れると、ちょっとした演技をしてくれます。

東京都が発行する青空公演の「資格」もあって、その規則で、
観客からもらって良いのは投げ銭だけで、それも強制しては
いけないのだそうです。

まるで修行僧の托鉢みたい・・・。

このほかにも多くのアーティストたちが同じような修業中・・・。

辛いこともいろいろあるかもしれませんが、「自分が志す」ことを
これからも頑張ってくださいね!

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

5 Responses to 「托鉢」するアーティスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください