春はすぐそこまで



みぞれ混じりの冷たい雨の中でも、真っ赤な花色を
みせるツバキ。

彩りの少なくなる冬に、ツバキは、葉ボタンなどともに
鮮やかな色彩を楽しませてくれる数少ない植物です。

東京のお寺にはツバキが多い。

これは、花類をこよなく愛した徳川二代将軍・秀忠公が、
ツバキをはじめ全国の名花を江戸城内に取り寄せ、それが
きっかけとなって、江戸市中の寺社や武家の屋敷でも観賞の
ために植えるのが、はやったからだとか・・・。

極寒の街中で目につくため、ツバキは冬の花と思いがち・・・。
でも、俳句の世界でツバキは、春の季語だそうです。

冬来たりなば、春遠からじ

まだまだ寒さに震える日が多いですが、春は、もうそこまで
来ているようですね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to 春はすぐそこまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください