鮮やかによみがえった「古寺巡礼」



東京工芸大学・写大ギャラリーで行われていた、
「よみがえる土門拳『古寺巡礼』新プリント公開」を
見てきました。

最近の方は、土門拳さんのことを知らない人の方が
多いかもしれません。

土門さんは、昭和の時代を通じて活躍した日本を代表する
写真家の一人で、リアリズムを重視した作風が特徴です。

戦後になって全国各地のお寺の写真を手掛けるようになり、
その集大成である写真集『古寺巡礼』全5巻は、土門さんの
代表作として知られています。

今年は、土門さんの生誕100周年・没後20年の節目の年にも
当たっているのだとか・・・。

今回の展示は、東京工芸大が所蔵する土門さんの作品1200点の
中から、写真集『古寺巡礼』に収録されている写真およそ50点を
選び、新たにプリントし直して展示したものです。

法隆寺(奈良)のお釈迦さまや吉祥天、中尊寺(岩手)の
観音菩薩半伽像・・・

慈悲に満ちたその表情に思わず胸を打たれます。
静かな仏さまのお姿は、「生きることの大切さ」を私たちに
訴えかけているような気もします。

仏さまが伝えようとしている内面まで、カメラに収めて表現して
しまう・・・土門さんの実力を、改めて感じた写真展でした。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください