また会えるよね



配偶者の死は辛い・・・。
切手の貼れない手紙を書き続けて7年目・・・。

おかしいでしょ!!いつまでも・・・と奥様は笑います。

奥様は、生きている時は、あたりまえのように過ごしていた
けれど、亡くなってから、いろいろなことを「感じ」、「想い」、
「気づいた」と言います。

境内のお休み処で、そんなことを書かれたお手紙を見せて
頂きました。

************************

「いのちかえす日」及川恒平さんの歌です。

  いのちかえす日  雪ひとひら
  世界中は すきとおりゆく

  いのちかえす日 歌ひとふし
  胸の奥に こだま してゆく

  いのちかえす日 水ひとくち
  生れいづる  せつなのように

  いのちかえす日 風ひとふき
  楽しかったと その手につげる

  いのちかえす日  雪ひとひら
  世界中は  すきと おりゆく

私たちは自分の命を自分のものだと思っていますが、
それは、間違いだと思います。

私たちの「いのち」は、仏さまから貸して頂いているもの・・・。
借り物の命ですから、お返しするまで大切にしなければいけません。

**************************

夫の後から自殺まで考えましたが、いまではそんな自分自身の
身勝手さをあらためて反省するとか・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to また会えるよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください