表彰状



お祭りで久しぶりに金魚すくい。

表彰して頂けるなんて記憶にないくらい昔のこと・・・。
しかも名人位なんてありがたいです。

「全日本金魚すくい連盟」なるものが存在しているか
なんてことは問題ではありません。
素直に喜んでしまいましょう~~~。

67匹は凄いって!!
そんなことはありません。ちょっとしたコツさえ
わかれば誰にでもできます。

ポイントは紙の上の金魚の位置ですよ・・・。

ゲームセンターも記憶にないくらい久しぶり!!
目についたのは、サンマのキャッチャーです。
ムニュムニュしていて気持ち良さそう・・・。

欲しい・・・。

こちらは、1匹ゲットするのに500円と高いサンマ代に
なってしまいました

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

6 Responses to 表彰状

  1. なのるほどではありませんが のコメント:

    質問
    日記、読ませていただきました。

    金魚にしろ、さんまにしろ、生き物で遊んでいるように感じました。

    お坊様だから、当然お肉もお魚も食べないとは思いますが、金魚すくいはいいのですか?
    食べなければよいのでしょうか?

    仏教=殺生しない

    だと思っておりました。

    金魚すくいは殺生ではないからいいのですか。

    仏教並びに真言宗としてのお考えをお聞かせくださいませ。

  2. ケン のコメント:

    Unknown
    許容範囲じゃないの?命を食べなきゃ生きていけないし、酒もダメ、肉魚もダメ、そんな坊さんより、節度をもって、我々と接してくれる坊さんの方が信頼できる。

  3. サッチー のコメント:

    お人柄がよければ
    ダライラマだって、瀬戸内寂聴だって肉食べますよ。

  4. 和尚 のコメント:

    なのるほどではありませんがさま
    仏教には、いろいろな戒めや人として守るべき道が
    あります。
    その代表が「十善」であって、その中では一番に
    「殺生」があげられています。
    この「十善」を説くお経は非常に数多く、真言宗を
    問わず仏教に一貫しているものです。

    江戸時代の真言宗の慈雲尊者というお坊さんは、
    日本の小釈迦とも言われて「人となる道」として
    大切されました。

    仏教は限りない高い人格を目指す「さとり」の
    教えですが、同じような言い回しですが
    「~してはいけない」となると反発があったり
    窮屈な感じもしますが、さとりを目指すために
    「~しないこと」と、自らが決めたことであれば、
    入りやすいことかもしれません。

    しかし私たちは、現実的には他の命を頂いて
    生きているわけですし、また、表面は綺麗にみえても、心の奥底では、自分より弱い命をないがしろに
    したり、欲の心でもてあそんだりしてしまいがちです。

    そのために、日々の食事で他の命をいただく事に
    感謝をする「放生供養法要」を行ったり、絶えず
    心の奥底を自分で「気づく」ことに努力もして、
    選択をしていかなければとも思います。

    釣りは殺生?格闘技の殺し合いゲームは殺生?
    殺人事件のテレビドラマを見るのは?
    心からのお接待の寿司は食べられないの?

    お坊さんに限らず人それぞれの修行の過程には、
    個体差があると思いますが、いろいろな意見や
    考えを真摯に受け止めて生きたいと思っています。

  5. 和尚 のコメント:

    ケンさま
    石の上で座禅を組み「私は悟りをひらいた」と
    いうお坊さんに、村のおばあさんが「このうそつき!!」と怒ったとか・・・。
    そんな物語か本当にあった話かは、覚えていませんが、そんな話に似ていますね

  6. 和尚 のコメント:

    サッチーさま
    ポール・マッカートニーが「肉食はダメ!」と
    手紙をダライ・ラマに送ったことがありましたね。
    どんな答えが返ってきたのかしら?

和尚 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください