ありがとうございました



「おせがき」の時にラオスの子どもたちに、皆さん方から
ご協力を頂いた募金の金額は、69,284円でした。

「ラオス援助会SALA」の代表より、ご協力の御礼を頂きました。

数年前チャリテイ番組(24時間テレビ「愛は地球を救うだったかな?)で
若い芸能人が、現地の貧しい女の子に「僕も100円寄付したんだけど、
どこに使われたかわかる?」と言いました。

日本の若者が、このような事を言っているうちは、日本人の
ボランテイア感覚は育ちにくいなァと思いました。

「喜捨」という言葉が、日本人の魂から失われてしまったのだ
としたら残念な事ですね。

「自分がしたい。してあげたい」心からの思いが募金であって、
そこに見返りや価値を求めるものではありません。

もっと気になるのは、「ラオス子供も結構だけど、それよりオレの
ことを考えてくれよ・・・!!」という、大人たちです。

この大人たちよりも、はるかに貧困の生活にありながら、心豊かに
美しく、いつも目を輝かせながら、共に生きているラオスの子供たちの
方が、よほど幸せなのかもしれませんね。

そして「ずっと貧乏だったからさ、不景気といわれてもピンとこないよ」
そういって1000円を募金してくれTさんの笑顔も忘れることができません。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

8 Responses to ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください