自分の感受性は自分で守る



コモンビートさん専用の写仏の会でした。
http://www.commonbeat.org/

コモンビートさんは、毎回募集される100人のキャストによって
共有プログラムミュージカルを100日間練習します。

ヤンキーから大学教授まで、プロ&アマを問わず応募した仲間・・・。

その中で自分の可能性、違う価値観の相手を受け入れる力、自信から
挫折へ、挫折から自信へ、思いやり、信じる力、それぞれの葛藤から
それぞれの「人間力」が高められ、100日間の間に何かが変わって
いく「共有」の体験場所です。

代表のChusonさんが企画した写仏の会・・・。普段は身体を動かしている
彼らに取って「静」の体験も良いのではという考えから始まりました。

なかなか感受性の豊かなメンバーですから、写仏中にはいろいろな
ことが感じられたみたい・・・。

私たちて、家族関係や決められた教育やルールの中で、人から
「そう思わされて」きたことと、自分本来が思っていることとの
間で悩むことありませんか・・・?

「こうあるべきだ」なんて学習してきたことが、実は無理矢理、
教えられてきたことで、「動」のコモンビートさん、「静」の写仏も
自分が本来、感じていることに気づける時間なのかもしれませんねぇ~~~。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to 自分の感受性は自分で守る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください