幸せな日々を・・・



いまから1200年ほどまえ、一人の青年層は、指先に渡された
花を、震える手で握りしめたに違いありません。

その花に、すべてを託し指先を開いて花を落とすと、吸い込まれる
ように大日如来という仏さまの上に落ちたと伝えられています。

その青年僧は弘法大師・・・。32歳のときでした。

唐(中国)の都で、師僧の恵果阿闍梨から真言密教の奥義を
伝える「灌頂」(かんじょう)という儀式を受法されたときのことです。

この儀式は、極めて複雑で数多くの構成で成り立っていますが、
他の宗派にはない、すべて真言密教特有の深い意味を表すものです。

そして、それと同じ方法によって「結縁灌頂」(けちえんかんじょ)
という儀式が護国寺で行われました。

善男善女の檀信徒が、真言宗豊山派管長猊下であられる
小野塚幾澄大阿闍梨さまをお迎えして受法されたのです。

『金剛頂瑜伽中略出念誦経』というお経の中には、荘厳された大曼荼羅を
禮拜し、この儀式を受ければ、すべての「わざわい」が離れていくと伝えられ
ています。

300名の受者の入壇が終わり、静かになった堂内で後供養が行われ、
参加された方々の、さらなる息災を祈って50名近い僧侶たちが
読経する空間は、仏の威光を感ずる瞬間です。

多くの「勝縁」を得られる、この結縁灌頂に参加頂いた皆様、
そしてお手伝いの方々・・・お疲れさまでした。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

6 Responses to 幸せな日々を・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください