愛があれば??



和尚の回りには、国際結婚をされ日本で生活をしている方が
10組ほどいます。

昨日は、久しぶりにそんなご夫婦の悩み相談でした。

外国人の方に、「細かい事だらけの日本」を理解してもらう
には、我慢と時間がかかるみたいです。

「そんな細かいことを言わないで!」と、奥さん・・・。
「郷に入っては郷に従え」と、旦那さん・・・。

日本人同士だって価値観が違えばケンカになってしまうのに、
そこに違った文化が入ってくると、こりゃ!!大変です。

「今でも、なぜ怒っているのかわからない」と、結婚生活が
十数年にもなる旦那さんの言葉です。

国際結婚は、一番身近な文化交流ですが、相手の文化を否定して、
自分の文化を押しつけるだけでは上手くいきません。

怒り心頭の旦那さんに比べて、奥さんはマイペンライ(どうにかなるさ)と
大好きなタイ料理を食べまくり・・・。

実際の生活は、そんな気軽く生活しているわけではありません。
日本人以上に気も遣っているし努力もしています。

「相互礼拝」「相手を理解する」「自分を理解してもらう」ということは、
どんな環境に合っても実は、とても時間がかかり根気のいる作業だとシミジミ
思う時間でした。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 愛があれば??

  1. 蘭子 のコメント:

    怒らないでー
    私も大目に見てもらいながらの海外生活だったので、
    日本で暮らす外国の方を、アウェーでよくやってるなーと、応援したくなるのです

  2. 和尚 のコメント:

    蘭子さま
    高見山も引退しましたね。
    辛抱、我慢の相撲人生だったとか・・・。

    日本人になろう、なりきろう・・・と、頑張って
    いる外国人もたくさんいますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください