尼僧さんの世界



阿修羅展も結構ですが、隣の東京藝術大学の美術館で開催されて
いる「皇女たちの信仰と御所文化 尼門跡寺院の世界」も素晴らしい
ので、ぜひ立ち寄ってみてください。

現在も京都と奈良に残る13の尼門跡(あまもんぜき)寺院に伝わる
尼僧さんの信仰生活や皇室ゆかりの品を紹介するものです。

「尼門跡」は、皇族や将軍家の高貴な女性が入寺された尼寺のことです。

皇族として生まれながら、出家して一生を、お坊さんとして生き抜き
抜いてこられた女性のヒストリーです。

そこには、独特の力強い信仰を重ねていったことがわかります。

髪は女の命といわれますが大規尊杲尼が、出家するときに剃った
髪の毛で作った「南無観世音」の名号・・・。

文智尼の自分の血で書いた「血書・般若心経」・・・。

仏の名前を書くための自らの皮膚を削って紙の代わりとしたなど、信仰の心は
もとより、尼僧として「覚悟」を決めた心の内が伝わってきます。

しかし、その反面では、女性らしい細やかさや皇室ゆかりによる
「御所文化」も垣間見られ独特な宗教世界が披露されています。

会場内は女性の方が多かったです。

「だから雅子さまも大変よね~~~」と年配の女性の方のヒソヒソ話し・・・。
雅子さまが尼僧になるわけでもないのに・・・。

天皇、皇后さまも本展をご覧になり、特に皇后様は、ご自身のお書きに
なった本の印税を、尼門跡寺院の文化財を守るために御寄付されているようです。

皇女たちの信仰と御所文化「尼門跡寺院の世界」

会  期:2009年4月14日(火)~6月14日(日) 55日間
会   場:東京藝術大学大学美術館(東京・上野公園)
開館時間:午前10時~午後5時まで(入館は30分前まで)
主  催:東京藝術大学、中世日本研究所、産経新聞社
後  援:文化財保護・芸術研究助成財団、ワールド・モニュメント財団
協  賛:ティファニー財団、キヤノン、京都文化協会
協  力:日本通運
料  金:一般1,300円 高校・大学生800円
       20名以上の団体料金、中学生以下無料。
問い合わせ先:ハローダイヤル: 03-5777-8600
東京藝術大学大学美術館

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to 尼僧さんの世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください