「いい人」やめませんか?



いい人を演じるのは、自分を良く見せたいから・・・。

あの人は変だ、あの人は間違っている・・・。

そんなレッテルを貼られるのが怖くて、孤独感に苛まれるのを
避けるために、人は、一緒に行動し、いい人を演じているのかも
しれない。

誰だつて、人から好かれたいと思っているし、自分が弱い人間で
あることも知っている。

しかも、自分が、そんなに「いい人」でないことも知っている。

お寺の子だから、これはダメ、こうしなさい、いい子でいなさい。

和尚は、そうして育てられた気がする。

「~ねばならない」という、人の規則を、納得がいかないままに
いい顔をして受け入れてきた。

そんな「ねばならない」という生き方から、「したい」という生き方へ。

「自分には自分の生き方がある」簡単そうに思えるけれど、そんなふうに
思えるまで時間がかかったように思う・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to 「いい人」やめませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください