頑張れ「一太郎」!!



昨日は、地域の経営者が集まって経済セミナーが
行われました。

「ボー」として「ズー」といれば「坊主」と言われるくらい、
お寺は経済・経営とは全く無縁の世界・・・。

でも、これからお寺は、廃寺や統合という時代を迎え、「経営」的な
センスや先見性がないと、その存在さえ、むずかし時代を迎えそうです。

講師は、元ジンバブエ日本国特命全権大使も務められた方で、
「経済」にも倫理が必要という言葉で締めくくられました。

大きな会社になればなるほど、儲かれば儲かるほど、
どこまでが許され、どんな社会を築いていくのか・・・?

そんなポリシーが求められているのだと思います。

折しもそんな時、ジャストシステムが大手計測機器メーカーの
キーエンスの傘下に入ったというニュース・・・。

3期連続で赤字決算と言いますから、大手資本の傘下に入った
ことは、企業経営としては良かったかもしれません。

ジャストシステムの日本語変換ATOKは、マイクロソフトのIMEに
比べて日本語の変換力は、かなりすぐれていると思います。

日本語を知っているATOKと、日本語を知らないIMEの基本的な
フィールドの差なのかもしれません。

一回でもATOKや一太郎を使ってしまうマイクロソフトには戻れない
というくらい、和尚は「一太郎派」です。

パソコンを取り巻く環境はマイクロソフトなので、利便性や今後のことを
考えると間違いなく軍配があがります。

でも、それに怯むことなく個性豊かに、ますます開発と安定的な進展に
頑張って頂きたいと応援しています。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

7 Responses to 頑張れ「一太郎」!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください