最後の法事



今日は、本年の最後の法事です。

お正月の前後におじいちゃんとご主人を
続けて見送り、あっという間に1年が過ぎて
お二人の一周忌をおこなった方・・・。

ご長寿でたくさんのひ孫さんに囲まれて、賑やかな
法事をされた方・・・。

はじめての法事で、何をしていいのかわからない
で終わってしまった方・・・。

転勤で地方に移られ、遠方から何回もお寺に足を運ばれた方・・・。

50回忌の法事まで、しっかりとされる方・・・。

秘かに1人でおこなわれた方・・・。

10年以上もたって、まだまだ涙の消えない方・・・。

親戚が多くて、10回以上も法事に参列された方・・・。

突然に、若い子ども亡くされ納得のいかない方・・・。

3回忌になって、心の整理ができて納骨をされた方・・・。

思い返せば、さまざまな法事がありましたね。

人は必ず死をむかえる・・・。誰もが、法事でそう思った
かもしれません。

でもこれは、正しくありません。

確かに「いま」は、そうかもしれません。
でもこれから医学や科学が進歩していくと、命を
コントロールできる、あるいは「死なない薬」なんて
いうものができるかもしれません。

不老長寿の願いは、昔から変わっていません。
「そんなバカな・・・」と、思われるかもしれませんが、
人間の叡智は、不可能を可能にしてきました。

確かなことというのは「死」よりも・・・
「いま、この瞬間に私が、あなたが生きている」・・・

それが、私たちが確かに信じられる、そして大切な時間なの
かもしれませんね。

だから、今日の法事も「一所懸命」に頑張ります!!

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to 最後の法事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください