ラオスの日々



若いころに、たまたまタイの隣国である
ラオスの魅力にとりつかれてしまったKさん。

以来ライフワークで、この国の子どもたちに学校を
作り続けています。

今回は首都ヴィエンチャンから飛行機で1時間。
世界遺産の都市のルアンパバーンから車で180キロ。
さらに船で1時間ほどウー川を北上したゴイ村です。

学校作りは、村人一同の参加です。砂や砂利は子どもたちが
川から運んできます。1人が運んだ量は小型トラック3台分。

セメント運びも全員でバケツ人海戦術・・・。
ブロックも、その場で手作りです。

だから子どもたちは、この学校を誇りに思っています。

日本の事情とは違い、兄弟同士でも学校に行きたくても
行けない子どもたちが多い国ラオス・・・。

そんな世界の一つの現状を見れば、学校に通えるだけ
幸せです。

勉強しているときは嫌だけど、後で後悔したり、
振り返って初めて大切なことがわかったり・・・。

人間はそうやって大人になるのかもしれませんね?

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to ラオスの日々

  1. tomo のコメント:

    Unknown
    おはようございます (^▽^)

    みんなで力を合わせて 学校建設なんて ステキな事ですよね。。。

    カンボジアに学校を建設しようというテレビ番組もありますが。。。

    未来の子供達の為にと思える気持ちは素晴らしい。

    苦労し、出来上がった学校に通う子供達の笑顔を想像すると、たまらないですね (^-^)

  2. 和尚 のコメント:

    tomoさま
    そうなんですよ・・・。

    なんで、この国の子どもたちの目は輝いて
    いるんだろう・・・て、いつも思います。

    笑顔がとても素敵な彼らから教わることも
    ありますね!

    今日1日頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください