長谷寺観音さまの御利益



『源氏物語』の中には、和尚の寺の本山である長谷寺も
登場します。

「仏の御なかには 初瀬なむ 日の本のうちには
あらたなる験現したまふと 唐土にだに聞こえあむなり」

玉鬘巻には、長谷寺の観音さまの霊験に対する信仰や
実際に参詣の様子が描かれています。

平安京から直線距離にして50km以上も離れ、しかも
交通が不自由な平安時代・・・。普段は自分の足で歩くことも
ない姫君たちが、山を越え徒歩4~5日の行程・・・。

「生ける心地もせで」(玉鬘巻)というのも納得です。

でも、そこまでもして長谷寺の観音さまへの霊験が広く
浸透していたのでしょう。

この玉鬘(たまかずら)とは『源氏物語』五十四帖の巻名の
ひとつで、玉鬘という女性の半生を中心に描かれたものです。

玉鬘は、『源氏物語』の中で最も美人であったという説も
あるくらいで、その美しさが引き起こす騒動に翻弄され
影のある数奇な運命をたどった女性です。

玉鬘は、わけがあって九州の方へ身を隠していたけれど
亡くなった母に会いたい一心で、長谷寺で祈願をします。

その宿で、偶然にも母の侍女であった右近と巡り会います。

玉鬘と出会ったとき、右近は次のような歌を詠みます。

「ふたもとの 杉のたちどを たづねずは 古川野辺に 君をみましや」

二本の杉の立っているところを訪ねてこなかったら、古い川の
岸辺で、あなたにお会いすることができたでしょうか?

まさに奇跡の出会いで、玉鬘はその後に右近の紹介で源氏へ引き取られる
という、そんなシンデレラストーリーが記されているのです。

長谷寺の境内にある、この2本の杉が、王朝から続くロマンを
いまも語り続けています。

古代から長谷寺の観音さまには、そんな縁結びの御利益があるのですね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください