こんなところも変わります



和尚は見たことがありませんが、知り合いの
お坊さんから聞いた話では、サッカーボールの
骨壺を使用した遺族がおられたとか・・・。

サッカー少年だったらしい・・・。

愛する子どもにご両親がしてあげられる最後の
ことだったのか・・・。

その他にもゴルフ、ラグビーなど球技系のスポーツで
あれば遺骨も納めやすいのか種類も豊富です。

なかには、20万~100万円の○○焼きの高級骨壺も
あるみたいです。

用意周到の方は、事前に自分の気に入った骨壺を買って
おくみたいです。

通常何もしなければ白色などの陶器や大理石の骨壺に
収骨されて渡されます。

でも、一番良いのは素焼きの骨壺です。なぜ良いかと
いうと骨壺の中に自然にたまる水が外に抜けるからです。

塗り物や石の骨壺は密閉されているので骨壺中には水が
たまりやすくなります。

でも欠点もあって、長年には壊れやすいこと。
それも自然に帰るといいますから、気にしなければ
良いのかもしれませんね。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください