自画像にて



92歳の時に自分で書かれた自画像が
そのまま遺影になった。

雰囲気がとても似ている。

昭和という激動の時代を一生懸命に生きて
こられて、楽しいこともたくさんあったけれど、
苦しいことの方が多かったかもしれない・・・。

一家の長として家族にさえ言えないつらい
こともあったかもしれない。

すべてを許し、すべてを認め、お見送りする
ご葬儀・・・。

天から享け賜った享年96年の人生に・・・「合掌」

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

4 Responses to 自画像にて

  1. 玉虫 のコメント:

    『ひょいと逝ってしまいました』
    『…夜中に帰って来て明け方までコロンコロンしていて、頂いたおむすびを食べ。寝ようかな、その前にお茶だな…なんて。隣りの部屋で新聞を読んでいたんです、私。ガタンって大きな音に振り向くと倒れていて…。そのまま逝ってしまいました。なんで、そんなとこにいるの?って、私、不思議なんです』恋女房を残して66歳、友人のジャズピアニストが、天国でライブを開く為に逝ってしまいました。。

  2. 和尚 のコメント:

    玉虫さま
    いろいろな人がいて、いろいろな人生があって、
    いろいろな生き方があって、いろいろな死に方が
    あって・・・。
    納得したい、でもできるわけがない・・・。
    「素敵なあなた♪」のスウィングが聞こえて来るまで
    時間がかかりそうですね・・・いまは、ただただ、ありのままで・・・合掌

  3. 玉虫 のコメント:

    葬儀はスィング♪
    私は、お通夜しか参列出来なかったのですが、葬儀は、全国から友人のジャズマンが集まり、素晴らしい演奏で送ってくれたそう…。本人、アドリブ、弾きたかったでしょうね。

  4. 和尚 のコメント:

    献歌
    すばらしい涙のお見送りでしたね。

    http://jp.youtube.com/watch?v=H7PhcJV4JwI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください