自画像にて



92歳の時に自分で書かれた自画像が
そのまま遺影になった。

雰囲気がとても似ている。

昭和という激動の時代を一生懸命に生きて
こられて、楽しいこともたくさんあったけれど、
苦しいことの方が多かったかもしれない・・・。

一家の長として家族にさえ言えないつらい
こともあったかもしれない。

すべてを許し、すべてを認め、お見送りする
ご葬儀・・・。

天から享け賜った享年96年の人生に・・・「合掌」

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to 自画像にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください