デザイン照明の原点



来週はお盆ですね。

デパートにも盆提灯が並びはじめました。
盆提灯といえば岐阜提灯が有名です。

美濃地方の豊富な竹と、薄くて丈夫な良質の美濃和紙という
名産が生み出したのは、生活用品としての提灯でした。

それがいつしか精微な美しい絵柄と熟練の技が重なって
岐阜提灯と呼ばれるお盆専用の提灯を生み出したのです。

細い竹ヒゴを巻き、和紙を張りつける。簡単な絵柄でも
50枚以上の型紙を重ねて、紙に絵を描いていく数々の
伝統の技・・・。

しかし、その提灯も照明器具が普及すると需要は
激減します。

その一方で近年、光を拡散させる和紙の特性と、骨組みの
竹ヒゴならではの質感と造形美の美しさが、心に安堵感を
与えてくれることに気づきます。

日本古来のものの方が、どんなに美しく、その効果を発揮して
いるかを、いまさら言うまでもないのかもしれませんね。

電球もこれからは、すべて発光ダイオードになるとか・・・。
青色発光ダイオードも日本人が開発したもの・・・。

サミットでも話題になった環境問題のキーワードは、案外日本の
伝統と技術にあるのかもしれませんね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to デザイン照明の原点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください