清風自来



私たち僧侶の持ち物の一つである
扇子に高僧からご染筆を頂くことがあります。

それが励みとなり、少しでも高僧に近づける
気がするからです。

和尚が、まだ若いころに真言宗豊山派の
管長猊下であられた築山定誉大僧正から
頂いたご染筆です。

竹の絵とともに「清風自来」と書いてあります。

「竹」は、まっすぐにのびて、しっかりと節があり、
そこに吹く清くさわやかな風は、自らが悩み考えて
勉強して手に入れるものである・・・。

そんなお心遣いだったのでしょうか?

気骨があり厳しい眼光の中で、その反面、笑顔がとても
すばらしい方でした。

いつも、この扇子を見ると当時のなつかしい思い出が
よみがえってきます。

僧侶としての大切なことを、自らのお姿で教えて頂いた
方でもありました。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください