青葉まつり



追われるように次から次に用事ができて、毎日が過ぎて
いきます。気がつけば6月ですね。

境内の蓮の花も、夏に向けて若葉が成長し始めました。

宝亀5年の水無月の
 紫雲たなびく朝ぼらけ
常夜の闇を破りつつ
 産屋に清き声ありき

いまから、1200年余年前の青葉が薫る6月に、
弘法大師さまは、お生まれになりました。

北には穏やかな瀬戸内界に浮かぶ島々が光り、
讃岐平野の中心には、くっきりと讃岐富士がそびえ
立ちます。

その香川県讃岐の地は、厳しい自然環境にありながらも、
雄大にして、すべてを包容する風光を感じさせます。

そんな環境が、後の弘法大師の人格形成と真言の教えに
何らかの影響を与えたのかもしれません。

この讃岐・善通寺の裏山に我拝師山という山がそびえ
立っています。

のちに捨身ケ嶽と呼ばれるこの山は、7歳に成長された
弘法大師さまが、我が身を捨ててまでも世を救うために
その誓願を立てられた場所だとか・・・。

何気ない山ですが、和尚にとっては、とてもシンボリックな
山でもあります。ぜひ今度登ってみたいと思っています。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 青葉まつり

  1. サチエ のコメント:

    母の思い出
    私の母は四国の善通寺生まれです。子どものころ母につれられてお参りしたことがあります。

    お大師さんが、人を救おうと身を投げ、仏様に助けられたと母から聞きいたことを今思い出しました。

    何だかなつかしい感じです。

  2. 和尚 のコメント:

    サチエさま
    そのときの情景が目に浮かびます。
    その当時は、むずかしい話でわからないことも
    あったと思いますが、良き思い出ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください