ロボットに心は宿るか?



「理想の彼氏」ロボットを手に入れるという
ドラマをやっていました。「絶対彼氏」という
タイトルで、漫画が原作のようです。

主人公には好きな男性がいるのですがフラれてばかり・・・。
せっかく手に入れた彼氏ロボットですが、「いくら理想的でも、
ロボットじゃ嫌だ」と、邪見に扱います。

ロボットを開発した技術者たちは、そんな彼女とロボットの
やりとりをずっとモニターしており、「なぜ気に入らないのか?」と
当惑します。

やがてロボットにまるで意思が宿ったかのような描写が
なされ、修理中にもかかわらず技術者の目を盗んで、ロボットは
彼女を助けに・・・。

ロボットが人間と同じように生活し、人間の心が宿る物語として、
ロビン・ウィリアムズ主演の「アンドリューNDR114」なんて
映画があります。

家事ロボットとして製造されたはずのアンドリューに、
「人の心が宿り」芸術的なセンスを発揮したり、人間的な思考を
しつつ悩んだりする物語です。

アンドリューは、人間として認めてもらうため、長い旅に出ます。
そして人間と同じく老化してしまう人工臓器を、組み込んだりして、
裁判所に申し立をしたりするのです。

老衰しきったアンドリューに判決がくだります。

「人類史上、最も長生きした人間として認める」

それを聞く寸前に、アンドリューは永眠して・・・。

仏教には、人間、山川草木や動物などすべてには
仏性(ぶっしょう)があるといいます。

つまり、どんなものにも仏としての「心」を最初から
持ち合わせているということです。

そんな考えから、このような物語を鑑賞すると、また興味
深いものがありますね。

現在のパソコンでさえ、Macintoshを使う人の中には、
「Macintoshには、まるで意思が宿っているとしか思えない反応を
示す事がある」と主張する人は多いようですが……。

近未来には、人間よりも仏さまらしいロボットが開発されるかも
しれませんね?

http://www.business-i.jp/news/robo-page/movie/200702130015o_1.html

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to ロボットに心は宿るか?

  1. kan のコメント:

    アイボがありましたが
    今は完全にお休み中です。
    未来はどこまで進歩するのでしょう。
    怖い感じもしますが楽しみでもあります。
    心と技術が伴う未来であってほしいです

  2. 和尚 のコメント:

    kanさま
    これからロボット開発は急成長でしょう。
    ロボット風の仏さまもすでにありますから・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください