マイカーで韓国を走る旅(4)


東京を出てから33時間で、いよいよ韓国の
ドライブの始まりです。

一番の問題は、ぜんぜん道が分からないということ。
そこはソンハンさんのガイドでバッチリと言いたい
ところですが・・・。

「そこを右!!」と言われれば、すぐそこと思いますが、
かなりの距離感があったり。「あそこ」と言われれば
数十メートル先かと思えば、近かったりして距離感とか
時間の差が随分あるナビげーターに慣れなければなりません。

韓国では、走行車線が日本とは逆で、右側通行です。
交差点でUターンできることぐらいを除けば、基本的には
問題がありません。

早々に慶州へと思いきや、船の時間が遅れたり入国に
時間がかかり、せっかく着たのだから「ぜひ家に着て
ほしい」と言われ、家の近くに桜で有名なところがある
というので目的を変更せざるを得なくなりました。

市内から40分ほど走ると、とても綺麗な町並みが・・・。
ここは昌原(チャンオン)と言って、韓国唯一の計画都市
だそうです。

アジア系のガチャガチャした雰囲気ではなくて、道路も
広いし花に囲まれたソウルの次に土地代が高いところだとか。

メインの道路は左右あわせて12車線もあり、直線が何処までも
続きます。中央分離帯がないのも有事の時には飛行機の滑走路に
なるとか・・・。緊迫した南北問題を抱える国での発想です。

なぜか姉妹都市が岐阜県大垣市だそうです??

ソンハンの家は立派な門構えで、中はオンドルのシンプルな
お部屋・・・。途中でお土産のフルーツを買っていったら、
ラッピングが見事!!

お母様は何と現在の李大統領とはご親戚の様子?

早速にお母様が作られた家庭料理をご馳走になりましたが
これがすこぶる美味しい・・・。今までの韓国料理のイメージが
変わるくらい絶品でした。

入れ替わり立ち替わり、いろいろな親戚の方が顔を出して
子どもたちもこの日のために学校までお休み・・・。

大家族主義の礼を重んじる文化に触れたみたいです。

 

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください