北枕の健康法



涅槃会や皺手合する数珠の音
(ねはんえや しわであわする じゅずのおと)

涅槃会に皺の寄った手で、お年寄りが一心に祈りを
捧げている姿を現した芭蕉の句。

今日は涅槃会といってお釈迦さまが80歳で一生を
終えた日です。つまりお釈迦さまの命日なのです。

すべての人々や動物までもが嘆き悲しんでいるお姿を
現したのが涅槃図という写真です。

お釈迦さまは沙羅双樹の林で頭を北にして亡くなり
ました。

ですから仏式では、これに習って亡くなったときに
北枕にして寝かせるのです。

縁起が悪いからといって北枕で寝ることを嫌う方も
いるようです。

でも、科学的にみれば人間の体内には鉄分があり、
磁界があるので、地球上に流れる地磁気に逆らわない
自然な形になるので、血液の流れがスムーズになる
そうです。

風水でも北枕は、「金運アップ」で運気が高まるとか・・・。

そのことを知っての北枕かどうかは分かりませんが、
「あらゆるものは、うつろいやすいものである。
怠ることなく精進せよ」とは、お釈迦さまの
最後の言葉。。。

地位や名誉も財産も、そして人の心も・・・あらゆる
ものは時がたてば必ず移り変わっていきます。

苦しいとき、悲しいときもあるけれど、また、楽しい
時間も必ずやってきます。反対に楽しいときうれしい
ときも長くは続かないかもしれません。

だから一時の感情に溺れ、それが絶対であるかの
ように思い「こだわって」しまうことは愚かな
ことなのかもしれません。

そのことをしっかりと受け止めて、怠ることなく
努力していきたいものですね。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

One Response to 北枕の健康法

  1. いなかもの のコメント:

    日本のしきたりと神道

     よく、北枕は縁起が悪いのでしてはいけない。といいますね。お釈迦様が北枕でお亡く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください