豆まき



お寺の境内で節分をすることになりました。
これは地域のまちづくりを兼ねて行われるもので
地域の役員さんが、いろいろと努力をされています。

本当にご苦労さまです。ぜひ盛大に成満するよう
頑張りましょう!!

「節分」は、季節の分かれ目をあらわす言葉で立春、
立夏、立秋、立冬の頃をいいます。

現在は、2月の立春の前日をさして節分といい、
この日には「追儺会(ついなんえ)」と呼ばれる鬼を追い
払う除災招福の豆まきが行われます。

「豆まき」は、災いを鬼にたとえ悪鬼を追い払い疫病を
取り除く儀式です。「豆」は「魔滅」(まめ)のこととも
いわれています。

真言宗では、この時にあわせ「星供」(ほしく)という
厄除開運の儀式を行います。

星供曼荼羅を飾り、寿命を司る本命星、栄枯盛衰の運命を
司る元辰星、吉凶禍福を与える当年星の、人の一生の運命を
支配するとされる、それぞれの星を本堂にお祀りして
ご祈祷します。

平成20年2月3日(日)
午後1時より数回豆まきがあります。

かわいい園児や元気な子供たちの豆まきや、イベント、お土産
もあります。ぜひお出かけ下さい。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください