中国の古都:西安メモ



西安の人口は740万人で中国内6番目の都市だ。
大陸気候なので夏は40℃近くまで上がり、冬は
-10℃程まで下がる。黄砂にもみまわれ秋の11月
頃が一番の観光時期だ。

遺跡が多いのか地下鉄がないために移動手段はバス。
何処まで乗っても1元(16円くらい)で、冷房付きは
2元とお高め。

ちなみにタクシーの初乗りは6元で、感覚的に高いと
思っているのか、市民はバスを使う。

交通ルールは、ほとんどない。信号ない。横断歩道ない。
片道4車線の道でも平気で歩行者が横切って横断してくる。

車道はみんなのものと思っているのか、何処でも渡って
OKという便利さ、恐ろしさ・・・。
その為か車のスピードは極めて遅い安全運転?だ。

日本人向けの商売は、10倍くらいの値段を最初に
いってくる。半額までは割と簡単にディスカウント
するが、その後は相当の時間と根気がいる。
決して負けないことが安く買うポイントだ。

西安の人は、3食とも外食が多いという。町に行けば
いろいろな麺に出会えて、とにかく麺好きだ。

果物はどれも風味がなくてまずいからか、中華料理の
後のデザートフルーツには、必ずトマトがついている。
これはおいしい。

この11月の時期に行くとザクロの収穫時期でこれは
甘くてとてもおいしい。
それとサツマイモも甘くてねっとりしていて最高!!

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 中国の古都:西安メモ

  1. 蘭子 のコメント:

    道は・・・
    西安の道路事情はいいですか?
    バンコクは歩道もあまり整備されてなくて、
    デコボコ多くて歩きにくいです。
    よそ見してるとつまづき危ないです。
     
    石焼き芋? まさか落ち葉の焼き芋では?

  2. 和尚 のコメント:

    蘭子さま
    そんな不便は感じませんが、道路は日本が
    一番のように思います。これから予算消化で
    道路工事が多くなりますが、そのおかげ?かしら。

    帰国してから中国野菜の現状を報道する番組が
    あったのですが、行く前に見なくて良かった・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください