中国の古都:西安の名物料理



西安の名物料理は餃子だそうです。なぜ名物なのか
よくわかりませんが、楊貴妃や西太后も食べていたと
言われているからでしょう。

でも餃子といっても、日本人が食べている焼き餃子は
ありません。

水餃子か蒸し餃子で、それも1個の大きさが小さくて
一口サイズです。しかもその数100種類以上で一つ一つに
いろいろな工夫がしてあるのが特徴です。

餃子の皮を、花弁や動物などに細工をして、中身も鳥肉、
貝、白菜、青菜、くるみ、カボチャ、トマトなど、さま
ざまな具材が使用されていて、小さな芸術品のようです。

「真珠餃子」という、鳥の手羽を練り込んだ餃子を沸騰した
スープで煮込んで食べるかわいらしい水餃子も・・・。

でも、どういうわけか、この餃子は高級料理なので観光客
しか食べられないそうです。地元の人は食べたことがない
人も多いとか・・・。

そういえば回りの中国の方々は、普通の中華を食べて
いて、何かあるたびに全員が杯を持って立ち上がり大声で
「乾杯」!!

日本では、当たり前の冷たいビール、コーラはありません。
冷やすという感覚がないのか常温です。
ジュースやウーロン茶なんてありません。だいたいホットの
中国緑茶となります。

日本の至れり尽くせりの飲み物が、懐かしく感じられます。

そして、もう一つは刀削麺。短い丸太状のの麺生地を半月状の
刃物で15㎝くらいの紐状に削り、大きな熱湯鍋に削り落として
いきます。

麺の厚みや太さも違うので、茹でる時間も違うように思いますが、
そこは職人技術なのか、食感がサイコー!!絶品です。

いろいろなトッピングを入れて食べるのですが、日本のように
スープに力を入れていないので、ちょっと残念な感じです。

これも日本のラーメン、うどん、そばが懐かしい・・・。

あと、ブロッコリーの塩味丸茹で。隠し味に何を使っているのか
わかりませんが絶品でした。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 中国の古都:西安の名物料理

  1. ゆあん のコメント:

    丸ごと
    ブロッコリーは、スーパーで売られている位の
    まんまるのゴロンとした大きさで出てきたのですか??

    とっても気になりました

  2. 和尚 のコメント:

    ゆあんさま
    そうなんですよ!!スーパーぐらいの丸ごと・・・。
    ブロッコリーは、あまり好きな野菜ではない
    のですが、微妙な塩味と香油で味付けしている
    のでしょうか・・・?
    ブロッコリー臭さがなくて香ばしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください