中華の精進料理



中国・西安に滞在中に中華料理の精進を頂きました。

こちらのお店のオーナーさんは、臨済宗の天龍寺派宝厳院の
ご住職だとか・・・。

日本の精進料理の技法を取り入れた中国素食、つまり精進の
名店なのです。

イカの炒め物はこんにゃくで、魚の唐揚げにみえるのも
パパイヤ、ミートボールも大豆でできています。
豚の角煮に見えるものも竹の子だったり・・・。

一番不思議だったのは、ソーセージサラミの炒め物。
白いのがこんにゃく、赤い部分が大豆たんぱくを練っている
というけれど、どう見ても食感もソーセージです。

ホンモノを使っているんじゃないかしら・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください